2007年08月17日

人を見る

このほど、人事評価が行われた模様。
基本的にフィードバックが行われるんだけど僕はまだ。
まぁ、例年によりほどほど評価なのだろう。
あまり期待もできない。

自分では、十分に貢献していると思っているけど
なかなかそれは上司たちには伝わらないものだ。
営業や企画どは、商売をやっている性格上、
数値によって結果があきらかになるが管理部門と
なるとなかなか数値という結果が見えないもの。
じゃ、どのような評価になるかというと、
対外部署との交渉であるとかコストダウンに貢献など。
地道に先を見越して行動していても華やかさがないので
その努力は認められないことが多い。
そして一列な評価が出てくると相対評価の中では
好き嫌いで評価されることが少なくないのが現実。

見る人によってこの評価も変わってくると思う。
本質的な見方ができる人は、結果ばかりでなく
全体の中に進めている将来型が見えているので
行程評価ができるはず。

...そんな上司が居ないと思われる現実。特にかなり上に。
いつもこの時期、評価に不信感が募るのである。
かれこれ何年も同じ状況で変化もなく...残念な話。

評価ばかりがすべてでないと思いつつ、
今日の自分のしたこと、明日自分がすべきことを
自分がわかっていればいいのではないかと思いなおす。


明日からまた頑張ります。

今週は夏休みの人も多く、職場には涼しい風が。
仕事がはかどるかなわーい(嬉しい顔)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
よかったらクリックして下さい(^^v



posted by yottyann at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

面談

今日は休み明けの仕事。
なんだか乗らない..夏ばてのせいか「チカラ」が沸いてこない。
そんな中、今日は目標管理の面談が上司との間であった。

...チカラの抜ける話...

今の部署の状況に沿ってできることはしている。
手を抜いた覚えもない。それなりに考えて行動している。
言いたいこと、やりたいこともある。
それを伝えて理解してもらう。
そして同じベクトルで行動して欲しい。
と思うが..相変わらずどうも伝わらないバッド(下向き矢印)

かねてより何回も進言していること、
それが、ノウハウ(経験)を持った人材の定年&退社が
期限があって、日々その期間がなくなっていること。
きっと理解してくれていて行動を裏で起こしているものと..
話をしてみると「そうなんだよなぁー

本当に理解しているのか?

そんな悠長なこと言っていられないはずなのに。
進言してからもう数ヶ月、いや半年近いはず。なのに。
よく聞いてみて、出てくる回答は、見当違いもいいとこ。
大丈夫なのか?...いや、大丈夫なはずはない!
この状況でこのままいくと、半年後には部内は崩壊する。確実に。
この状況を理解して、切羽詰っているのは、多分会社の中に
数人程度しかいてないのではないだろうか。

システム部門の重要性を理解できていない。
企業活動には、いまや外して考えられないはず。
お金に換えられない、労働力だけの問題でない、
このことがほんとにわかってもらえていないのを実感。

この状況があと3ヶ月続けば、後戻りができない
最悪の状態になることを想像できる。会社の存続にも影響がある。
理解のない上司たちは、私たち現場に負荷をかけてくるのは
明らかで、数人しかいないメンバーで対応することは不可能。
...自分自身が多分持たない...壊れてしまう。

社長に進言することを考えている。
それで駄目なら、あとは流されて会社に自分を捧げるのか..
それとも見切りをつけて自分を守るのか..

考えさせられる...

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
よかったらクリックして下さい(^^v


posted by yottyann at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

なぜに?

いよいよ夏が近づいてくる。
今年は、梅雨も短くて夏は猛暑と予報されている。
猛暑...会社では、クールビズ推奨している。

そんな中、問題の管理職は、

Tシャツ、ミュールは禁止ーー

と言い出したのだ。
もちろんそんなタワケなことは、他の部署は受け付けず
結局、各部門長の采配にまかされることになった。
問題の管理職は、自部署の長なので...

Tシャツ禁止になった...のだ

去年までは、Tシャツで会社に通勤していたので
楽だし、涼しいし、おしゃれもできると喜んでいたのに。
自部署は、社外の人やお客さんに会うわけでもないから
動きやすい格好で問題ないはず。
露出が激しいのは、風紀を乱すなんてことはあっても
Tシャツ駄目とはなんとも納得いかない。
原宿に会社があるのに..
原宿ユニクロにもTシャツしか売ってないのに。

どうも、問題の管理職、人を管理するのが仕事だと思っている。
うわさでは、タバコの時間まで管理しようとしているらしい..

こんな管理職、いりませんちっ(怒った顔)
なーんも尊敬できませんちっ(怒った顔)


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v

posted by yottyann at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

やっぱりおかしい

またもやいけてない上司の話。
この上司、本部長でありながら事細かい。
的確に細かいことを指摘するならまだいい。
口うるさい上司なら結構いたりするし。
それも間違っていないし、ちゃんと周りのこと
考えて、会社のことをおもうのならわかる。

しかし、この上司いけてないexclamation

昨日は休んでいたのでその場にいかなったが
部長を呼び出し、部員の指摘を行う。
それも直接言うのではなく、部長に。
こそこそと...
言うことは、『服装について
僕は、結構ラフな格好している。
ジーパンにシャツ、トレーナーといった姿。
それなりに気を使っているいるつもり。
それについて、「あの服装はどうかとおもう」みたいな
ことを言っていたらしい。

それを聞いて、げんなりしてしまった。
今時にそんなことを指摘されるとは思わなかったがく〜(落胆した顔)

そもそも、会社に通勤する服装とは?
スーツにネクタイなのか?
おかしいと思う。もちろん否定はしないが、TPOに
あわせて個人が気をつければいいことでそれを
あれこれ指摘するのは変である。
昔の茶髪やロンゲを注意するおっさんと同じだよ。
しかもこそこそと!

職場の士気を衰えさせることばかり...
こんな上司、やっぱりいけてないと思う。
いてますか?こんな上司。

明日もやっぱりジーパンです。
反抗するというより、やっぱり活動しやすいので。
フットワーク大切ですパンチ


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v


posted by yottyann at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

SOX法?

この間、遊びに行ったときに知り合い(SE)と話をしている際に、
SOX法のことって聞かれない?」と言われた。

SOX法?

聞いたことがあるような無いような...(システム部門がこれじゃねたらーっ(汗))
で、さっそく調べて見ることに。

SOX法とは、米国のSarbanes-Oxley(サーベンス・オクスリー)法という、エンロン事件をはじめとする米国企業の会計不祥事の続出に対して、米国政府が制定し2002年7月に成立した企業改革のための法律。

このSOX法が、「日本版SOX法」となって企業の内部統制強化を目的に、早ければ2008年3月期にも導入されることになるらしい。

草案では、内部統制の基本的要素は大きく六つに分類されている。

1.統制環境:
 組織の気風を決定し、組織内すべてのものの統制に対する意識に
 影響を与えるとともに、他の気温的要素の基礎となるもの

2.リスクの評価と対応:
 組織の目標の達成に影響を与えるすべてのリスクを
 識別、分析、評価し、リスクに対応する一連のプロセスのこと

3.統制活動:
 経営者の命令や指示が適切に実行されることを確保するために
 定められる方針や手続きのこと

4.情報と伝達:
 必要な情報が組織や関係者に適切に伝えられること

5.モニタリング(管理活動):
 内部統制の有効性を、継続的に監視、評価するプロセスのこと

6.IT(情報技術)の利用:
 内部統制の他の基本的要素が、有効かつ効率的に機能するために、
 業務に組み込まれている一連のITを活用すること

米国SOX法で採用されているCOSOキューブというフレームでは、内部統制の基本的要素は1〜5までの五つとなっていますが、経営者、取締役、監査人といった内部監査の中心となる役職者のITに関する理解が米国も同様に未熟であるケースが多いということから、日本版SOX法の基本的要素として、「6.IT(情報技術)の利用」が盛り込まれている。


あまりにも抽象的でよくわからない。
でもやはり、システム部門としてはこの要素はほとんど関係していたり
するような気がする。特に6.IT(情報技術)の利用はずばりあせあせ(飛び散る汗)

企業への影響
日本版SOX法が導入されることにより、各企業ともに財務報告への
信頼度を高めることが出来ますが、一方で膨大なコスト負担が生じる
ことの経営への影響が懸念されています。
先行して導入しているアメリカでは、財務体力に乏しい企業が株式公開
を止めて、非公開企業に戻るという事例もあります。
日本版SOX法の導入にあたっては、負担するコストをいかに抑えて
運用していくかということが課題となっています。それに伴い、
ITベンダー各社では、業務ソフトやシステムにおける対応の取り組み
が始まっており、今後競争が激化していくものと考えられます。


これって、かなり大きな問題じゃないかっexclamation
知らない僕は、いったい...ふらふら
しかし、2008年の3月ってあと一年しかないのじゃないのexclamation&question
どんな具体的な話が出てくるかわからないが、システム部門の負荷は
ますます大きくなっていくのは間違いなさそう。勉強不足...
他の会社はどんな風に不安を抱えているのだろうか。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

どうなる?

昨日あたりから、動きが。
そう、新システムのこと。
直接、僕のところにきていないから詳しくはわからない。
でも、これまでのかかっている経費であるとかこれから
かかるリースであるとかを調べ始めているようだ。
いよいよ具体化してきているのは事実。

なんとか作った火種が燃え上がってきた感じ。
...あんまりよくない例え...
蒔いた種が芽をふきだしたって感じ。
...こっちのほうが前途ありそう...

どのような処理をするのか詳しくはわからないが
システム開発をストップするということは、この先に発生する
経費やリースを特別損失で計上しておく必要があると思われ。

(参考)
特別損失とは...
特別な要因で一時的に発生する臨時的な損失を指す。


ここまでいけば事実上、新システム導入は中止となる。
はたしてどうなるのか...

しかし、その後のことを十分に計画して
いかなければならないから忙しさは
あいも変わらずだろう。いや、もっと忙しくなるかもたらーっ(汗)

はっきり方向性を出すと言う事で
今のどっちもつかずの状況からは
脱出できるので早く結論が欲しいところ。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 12:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

今日の会議

昼から会議。メンバーはシステム部門と上層部。
形式はヒヤリング形式で会議は進む。


なぜ、新システムはだめなのか?
もし、新システムをやめたらどうしていくのか?



殆ど想像できる質問ばかり。
もちろん、言いたいことは言わせてもらった。
僕の主旨は、
新システムの導入はやめる
今のホストを継続するが対策する
この2点。対策のはいろいろな要素があることも定義。
5枚のレポートをまとめていたのでそれを元に意見。

それぞれメンバーも意見を求められそれに答える。
おおよそみんな同じ意見で統一はとられているよう。
個人的には、事前にもう少しシステム部でまとめても
よかったとは思うが。

上層の思惑は、
なんとか金銭的問題を解消したい
責任はわが社にはないことを主張
...これも想像通り。
ベンダーとの契約およびコストの問題点に集中している
ように感じていた。わかる。しかし、僕は現場の人。
使えないシステムを入れるわけにはいかない。

特に大きな混乱もなく、意見を交換したといった会議になった。
ある程度、理解を示してくれたような感触は感じた。
来週までの課題は、提示されるが今後、少し動き出しそう。
上層がどんな動き、シナリオを考えるのか興味あるところ。

僕ができることは何?...

今のホストをそのまま運用することとしてどのように
改修していくか、どう進化させるかを考えてみたい手(グー)


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

システムどうする会議

最近すっかり仕事の話ばっかり。
バイクやスキー、凝り物なんかの話もしたいところだけど
この自分の仕事場の状況が旬な時期ですのでたらーっ(汗)


今日の昼から「システムこれからどうする会議」がある。
この勝手に命名した「どうする会議」、メンバーは
システム部門全員と上層部の大人数で行われる。

主旨は多分、今進めている新システム導入について
このまま進めるべきか、思い切ってやめるべきか。
やめたらその後どうするのかなどを話合う...
というところかな。

このはっきりしない言い回しの原因は、
システム部長がはっきり連絡していないから。
彼には何度も言及したんだけど。

これまで新システムを導入するにあたり進めてきた
プロジェクトだが、システム部長がシステム部門を
完全に巻き込まなかったことも進捗に問題をきたした
と思っている。
当初、システム部門特にキーマンと思われる人たちを
含まず勝手に話を進めていたところがある。
そりゃ、最初から話を聞いておらずいきなり
「こう決まりましたのでよろしく!」では、話にならない。

今回はそんなことではいけない。
同じ轍を踏むのは間違いない。
実務レベルを無視してはいけない。
特に今後のことを考えるのに全員で考え、上層部を
説得し『一丸』にならなければ事は進まない。

何度も言っているんだけど...ふらふら
今日の昼からの会議、ある意味楽しみ。
僕は、最初会議の行く末を傍観することにしている。
また、報告を。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

心理戦

東京に帰ってきて2日。
システム部門に配属が変わり、周りの状況も変化。
新システムの行き先も気になるところ。

先週に打ち合わせの席で「冷静に」と言う一言で
一旦は終わった話の行方。
今週になってから粛々と話しが動き出している。

さっそく、今週になってから上層からの呼び出しで
ヒヤリングを行っている。
いち早く、呼び出しをくらい2人に囲まれ事情を。
もちろん、思っていることを素直に述べる。
理解は示してくれているようで話しを聞いてくれる。
(まぁ、聞くだけではなんの意味もないんだが)

しかし、上層としては、「なぜ今まで」と言う疑問が
拭いきれないようなことを言っている。
現場でこのような状況になる前に対策を立てられなかったのか。
...それは、こちらの台詞と言いたいところ。

状況は、逐一報告されてきたはず。
それをこれまで聞いているのか疑問に思わないのか
それとも自分は関係ないと決め込んでいたのか
そのいずれでもあるように感じる。
彼らは、
システムの移行』するということに大目的を持ち
なんのために』を見逃し、確認することを怠った。
部員は、
トップからの命令と理解し、その命題を遂行することに
尽力し、わかってはいながら覆す力を持ち合わせない。

そして、先の見通しのつかない今、このままでは
企業存続も不安定になるという危惧を伝えることとなった。

どこに責任があるのか...

上層の中でもいろいろな心理戦が繰り広げられるのが
想像される。...そう、責任について。

ここが、上層の悲しいところ。
失敗を認め、方向性を見極める、そんな堂々とした
行動を期待したいのに、誰がどうの責任がどうのと...
さぁ、どのように動いていくのやら。

未だ緘口令が出たまま。
早く対応して欲しいところ。無駄な作業が増えるばかり。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v


posted by yottyann at 00:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

会議あり

今日、新システムをどうするのかという会議があった。
システム部門で話を共有してそれを上申...
というプロセスで話を進めないとダメだと言ったのに。

部長が先走ってしまった。

今日の会議で(しかもこんな話は1回目)上層部が
頭をそろえて入っている。えっexclamation&question

しかもそのメンバーがよろしくない。
事前に話しを聞いていない人が入っている。
もう少し筋道を立てシナリオを準備してからの話で
ないとうまくいくこともいかなくなると懸念してた。
そしたら、案の定...

そんな話は聞いてない!
勝手にやれよ!!

そんなことを言う上層も上層だけど。
そして意見を求められ。

なぜこの時期にならなければわからなかったのか

もちろん、答えた。
具体化していく中でわかってくる不具合、対応能力のなさ
将来性のないパッケージ、パワー不足。

でも根本は、あんたらにあるんじゃないのか?
意見を求めたことあるのか?やれやれの一点張りで
あたかも導入だけがメインのように言っていたのは誰?
2年、3年先将来を考えられない経営陣って...
さすがにここまでは言えなかったが。

次回、また詳細に話を進めていくことに。
まぁ言葉を借りると『冷静に』だそうだ。
そうしてまたずるずると時期が過ぎていくのだろうか..
前向きに考えると少し進んだのかも知れない。

来週から東京へ。

(明日、明後日はちょっと更新できそうにないですたらーっ(汗)

人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

さっそく

今日から新しい配属。
古巣のシステム部門。
まぁすることはかわらないからあまり変化がない。
でも、本部長が変わったから体制は変わった。

朝の朝礼でさっそく。
経費の節減、モラルの徹底を声高々に。
部内はげんなり雰囲気満開。
今までを否定するかのような言動にやる気を損なう。
この上長、システム部門は全くの素人なのだ。
先が思いやられる...もうやだ〜(悲しい顔)

なぜそんなに残業するのだ。
何がそんなに難しいのだ。
どうしてそんなに時間がかかるのだ。
...これからそんな声を聞くことになりそう。

まだ、大阪勤務。
来週には、再び東京で勤務。


たらーっ(汗)


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

会社の不思議

いったい人事はどうなっているんだろう。
先日、異動発表があってまた、今日異動発表。
中には先日にも載っていてまた載っている人もあり。
転属になってないのにまた異動??
訳がわかりません.....バッド(下向き矢印)

上層部でも異動があった。
しかしこれについても意味不明がそこかしこに。
もう定年も過ぎて、口だけの人物。
そんな人を本部長にもってくる人事...
しかも、兼任兼任でいろんな部署をかけもつ。
いかに人材が不足しているか明らか。

いったい誰が決めているのか。
できるできないじゃなくて声が大きい人が偉いのか。
この人事、一般社員に不安を与えるに十分過ぎる。
今度、この人事の効果を報告することになりそう...たらーっ(汗)


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

まずはステップ

昨日より話は展開。システム部長より、上申。
社長にまで話は到達し、方針はわかったとのこと。
ただし、緘口令。まだ、公表するには早いとのこと。
ある程度、ビジョンができてからでないととの意味。

なんとか、ひとつのステップをクリアしたと思っている。
結局、僕が動かなければ何も始まらなかった。
この体質は、残念なこと...だな。
僕は、水面下で動いていたから表立っていない。
この決断は、あたかもシステム部長の独断のようになっている。
でも、それが会社と言うものかも。残念だが。
知っている人は知っている、わかっている人はわかっている。
そう思うことにしている。

これで、少しの光が見えてきた
でも、進むも茨の道、戻るも茨の道には変わらない。
でも、前に進むほうを選びたい。

しばらくは、次のビジョンを組み立てる時間になりそう。
それは、管理職の仕事。がんばっておくれ。部長。
そろそろ、真剣に力量を発揮してほしいものだ。
助けを求められたら協力は惜しまない。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動き出す

昨日まで考えていたことを実行に移す。

仕事の話。

何とか使えない「新システム」の導入と止めなければならない。
それが第一の目的。使えないシステムほど迷惑なものはない。

で、移した行動は...

まず、現状の状況をまとめる。
それまでの経緯と原因、要因の分類。
なぜ問題なのかを明確にすべくまとめる。
それだけではただただ、やめたいだけになるので
今後の指針と将来像を簡単に明記。

それを原案に数人の意見を盛り込み資料とする。

そして、複数の他部署の意見を聞く。
口をそろえて問題視しているとのこと。
そんな現場の意見を聞きながら周りを固める。

そして、今日。

システムの長を巻き込み、行動を移してもらう。上申。
その手順も依頼。
上層部は順番などを気にするから順序を間違うと
納得度が違ってくるので、気をつける。

社長まで話はいった模様。
まだ詳細までは、聞いてないしその後の動きは不明だが
少しの感触はあったようだ。
明日からさらに動き出す。

なんとか方向転換するために。
今の時期を逃すとおそらくさらに動きにくくなるはず。
短期決戦。個人的には「クーデター」と思っている。

いよいよ、動き出す。どうなるのか期待。
しばらく、仕事の話が続くかも。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

準備

仕事の話。
システムの移行は、事例を見る限りでもなかなかすんなりいかない。
それが、規模が大きければ大きいほど。
長い間稼動しているとその時々の人、時勢によって右へ左へと
システムの枝葉が広がっていくのが普通。
昔から動いているシステム...すでに開発者はいない。
そんなシステムだから大変だ。

でも、現システムがあるんだからまず最初にあるのは分析調査では
ないのかと思う。間違ってるかな?
そのステップを無しに、さぁ開発−移行なんて無理だ。

今後の(仮に導入して)ことを考えて数年後を想定できる状態で
『システム移行』がないと絶対失敗する、業績に影響は必然。
システムを甘く見ている上層部には理解できているのだろうか...

なんとか上層部を説得する必要があると思っている。
しばらくその準備と裏工作?を考えていこうと。
こんな風にやきもきしている、システム部門の人いてるのかなぁ。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先見能力

新システムは未だ展開されず...
かれこれ2年以上経ってきている。
何が悪いのか?

それは、ソフト(パッケージ)の選定と体制の問題にあると思われる。
当初、パッケージソフトを導入してノンカスタマイズで導入をすると
考えられていた節がある。しかし、歴史あるシステムの移行なので
業務のしがらみを逃れることもできずにカスタマイズの山。
結局、開発の量と理解不足によって身動きがとれず時間が過ぎていく。

なんともお粗末なもうやだ〜(悲しい顔)

システム全般に精通した人材が少ないこともある。
スキルというより全体感を把握していないと動かせないはず。
そんな人が、上層部にいなかったのが原因だと思っている。
はっきり言って、失敗だと僕は思っているんだけど。
それさえ、認めずこれまでにかかったコストにしがみつく。
導入してその先のこと考えているのだろうか...
たぶん、「それはお前たちが考えることexclamation」と一蹴される。

ここ数日、なんとかこれを軌道修正できないものかと気をもんでいる。
一人じゃ無理だ。なんとか回りを巻き込んで、直訴しかない。
誰もがわかっているのに流されている現実。なんとかしなきゃ。

僕に先見能力をぴかぴか(新しい)


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

やる気を

異動が発表されてから落ち着かない職場の雰囲気。
引継ぎやらでばたばたしている感じがする。

上司も入れ替わる。
いつも気にかけてくれていた上司が直属から外れる。
そんな上司に呼ばれ...

異動のいきさつとこれからの期待を伝えられる。
今、ここ何年とチャレンジし続けている新システム導入。
もう後が無くなってきている状況下で人材が不足して
いて、今度システムに異動する自分がリーダーシップを
とってどんどん前に出て行くようにと。

経営層は、僕の評価として
知識もある、コミュニケーションにも長ける。
しかし、リーダーシップとしては未知数。
とのことらしい。この機会に存分にと言ってくれた。

そんな風に言ってくれる上司の存在は嬉しい限り。
認めてくれているという実感もある。
(まぁ買いかぶりというところもあるかもしれんが)

やはり言葉で伝えてくれると違う。
頑張ろうという気持ちややる気が出てくる。
言葉の力...ありがたい。


人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

企業の経営とはいったい

今日の経営会議で先週から作成した提案書の一部がでたらしい。
しかし、報告者にもよるが意図は半分も伝わらなかったらしい。
直接、その場にいなかったからなんとも正確なところはわからない。

どうも周りの情報によると及び腰になっているような感触をうけた。
相変わらずだ...。
何も昔から変わっていない、この会社。
新しいことをするのに及び腰になっていて何ができると言うのだ。
もちろん、経営には計画や見通しは必要なのはよくわかる。
慎重に進めるのもよくわかる。未踏の地へ進むのだから。
しかし、詳しい提案も出ていない段階でなぜ「及び腰」?。

年寄りの多い経営会議では、理解は難しいのか...やはり。
わかりやすく、丁寧に解くように提案書を書いたつもりなのだが。
もちろん報告者にも問題があったようだ。
作った提案書を簡素にまとめたと言っていたが、年寄りたちに
説明するのにビジュアルなやり方でないと伝わらないはず。
そこまで考えていたのに。自分が説明したかった。

それに計画まで作っている。
未踏の部分なのでどれぐらいの規模になるのかもわからないが
最低レベルの売上と考えられる最大の経費で益を出していた。
それがわからないようだ。まぁそこまで話をしたかは不明だけど。

「よし、やってみよう!、詳しい報告書を頼む!」
などと言う上層部はいないのか!!。
細かいところばかり見て、後ろむきなことしか考えず、
対比する方法は、前年実績しか知らないおっさん連中には
そんな前向きなことは、言えないかもな...。

しばらく大人しく様子を見ようっと。
自分の提案を潰されるのも嫌だし、中途半端でやられるのも嫌だ。
まだ、この会社には早いようだね。
posted by yottyann at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

提案

先週の金曜日から提案書を作成していた。
経営会議で使う基礎資料。
それもなんとか今日出来た。

それを提出して相談すると中身が多すぎてさらに集約するとのこと。
それでは、言いたいことの提案したい内容が伝わるかどうか
不安だし、それをいかにも自分の提案のように言われるのが
しゃくなので本文を関係者に送り、社長にも送ってやった。

その提案書は、かれこれ5年ほど暖めてきて育ててきたもの。
自信もあるし、愛着もある。
その提案を実現することを出来ると信じている。
また、この提案をできるのは社内では自分一人だと自負もある。

webの案件。
今の自分のポジションからは少しはみ出てしまうかもしれないが
本当にしたい仕事だからなんとか実現に関わりたい。
...しかし、今の仕事のボリュームやかかわりから考えると
なかなか難しいのだろうか。
いろんなポジションとかかわりがあり、それが逆にしがらみに
なったりして。さらにボリュームが増えてもいいから実現してみたい。
それが今の一番の展望。
posted by yottyann at 23:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

会社とは

会社とは、なかなか自分の居場所を見つけることが難しい場所。
居場所というより、自分の活躍できる場所といったほうがいいのか。
出世を求めているのでもなく、名声を求めているわけでもなく、
生活するのに充分な金力さえもらえればそれでいい。

でも、欲しいものがある。

充実感と存在感

毎日、朝から晩まで仕事をして、一日を振り返ったとき
その一日で出来た成果を感じたい。毎日が無理であれば1ヶ月。
会社の中で、自分しか出来ない、考えられないという存在価値。
それがあれば、仕事に対して前向きにそして活力になる。

昨日からさらに、疲れが溜まっているのか、そんなことを
考える時間がふとしたときに浮かんでくる。

私は、入社以来システム畑で働いてきた。
それなりの経験と知識は持っているつもり。
それより一番得たと自負するのは、考え方。
システムばかりでなく、全体を考えたプロセス的な考え方が
できるようになったと思っている。
それには、自分なりの努力と蓄積によるもの。
さらには、その知識・考え方は、システム開発を続けていくための
ものではなく、次のステップへいくためのものなのだ。

それをwebに見出しているつもりだ。
しかし、会社では、やはり実績がものをいうのかどうしても
システム部分以上のことは期待されていないような気がしてならない。
ノウハウの部分や意見は聞いてくるのだが、どうしても
アドバイザー的なポジションから抜け出せなくいる。
そうなってくると、自分のノウハウと構想を渡してしまうのは
あまりにももったいないし、悲しいと思ってしまう。

時期が早いのか。それとも貝のように閉じてしまうのか。
また、ただ利用されるだけで流されていくのか。
どうすればいいのだろうか。自分は活躍できるのだろうか。

ほんと、疲れているみたい。
posted by yottyann at 00:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。