2012年01月22日

予想を裏切る

寒いから家でごそごそと仕事しながら、休息も取りながら..映画も観て...

『さや侍』

img_926399_60533888_0.jpg

映画館に観に行きたかったけどタイミングが合わずいけなかったから...松本人志監督の映画。主演には、素人(野見氏)を起用。バラエティで見ていたので「えっ!?できんの??」って思っていた。笑いはあるだろうし、そこそこな映画かなぁと思ってたけど”予想を裏切った!”。

最初は、そこそこな笑いで、途中から、なぜか野見氏が恰好よく見えてくるから不思議だ。娘役の熊田聖亜ちゃんがすごくいい。周りのキャストもいい味出している。やはり、個人的には、最後のところ。どうやって映画を締めくくるのかと思ったけど、さすがという終わり方。わかりやすい映画で、すんなり入り込めるすごくいい映画でした。泣きました。




posted by yottyann at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

日曜日

先週に借りたDVDを見なければ...と思ったのは、日曜日。時間がたっぷりあるはずなのに、半日、ブレーキキャリパーのピストン揉みだしをしてたので見始めが遅くなって。借りた映画は、

時をかける少女
ゼブラーマン2
てぃだかんかん

全部見終わったときは、午前2時..朝、あやうく遅刻するところでした。平日に見るために借りたのに仕事を持ち帰った結果です。とは、いいつつもまとめて3本、一気に見たのは初めてかな。さすがに目が充血...しかし、内容は、それぞれよかったです。仲里依紗さんの2本立ては、Goodexclamation

...今日返却後、新たに借りてきてしまったあせあせ(飛び散る汗)


posted by yottyann at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

久しぶりに

昨日、会社帰りに久しぶりに映画DVDをレンタル。テレビが新しくなったので大きな画面で映画を楽しみたいなぁと思って。昨日、見たのは『大洗に星がふるなり』。

あの33分探偵の監督?が監督をしているとのことで思わず。実は、山田孝之の大ファンなのですがあせあせ(飛び散る汗) 最初、出だしは、少しだるい感じでこのままの流れだったらあんましだなぁと思ってたら、だんだん面白くなってくる。場所は、大洗の海の家。夏のバイト仲間とマスタたちが、クリスマスイブの海の家で再び出会う。バイト仲間の女の子からの手紙で。と話が流れていくのだけど、それぞれがなかなかいいキャラをしていて、知らず知らずのうちに引き込まれていく。それぞれのキャラがどんどん変わっていくのが面白いわーい(嬉しい顔)

主観的評価:★★★☆☆
ラブコメディだが、かなりコメディ寄り


posted by yottyann at 22:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

映画鑑賞な一日

今日は休日でお休み。
朝からずっと雨が降り続いていて外には出れそうもなく。
風も強くて春の嵐な感じで少し寒さも戻った感じ。

家で一日映画を観ていた。
ロッキーファイナル
睡眠恋愛のすすめ
憑神
の3本立て!

ホント一日映画観てたって感じかなぁ..

「ロッキーファイナル」は、
あのロッキーシリーズの最後ということで思わず。
スターローンの歳をとってもすばらしい肉体がまぶしい。
よくあそこまで鍛えぬけるものだと感心する。
内容はまぁこれまでとあまり代わり映えはしないが
シリーズ1作目から見ている僕にとっては時の流れを
感じられるのでよかったと思う。
やっぱりあの音楽には、何か頑張ろうみたいな気持ちに
させられてしまうのはなぜだろう...

「睡眠恋愛のすすめ」は、
あんましよくわからないうちに終わってしまった感じの映画。
夢と現実の入り混じった展開は新しくて楽しかったが
だんだんよくわからなくなってきて..
いろんな意味が込められていたりするんだろうけど
最近の僕の傾向としてはあまり考える映画より
ただ楽しいとかすっきりするとかのわかりやすいものがいいかな。

「憑神」は、
邦画の時代劇。妻夫木聡主演の映画で、浅田次郎原作とは
知らなかった。内容は幕末のころの話で、題名のごとく
神様に憑かれるという話。展開が早くて面白い。
脇役陣が豪華で話を盛り上げる。
三囲稲荷という神社の存在も知って、今でも黒田区?あたりに
あるということだから一度行ってみたいなぁ。


さすがに3本も観ると目が疲れてくるのはいたし方なく。
でも雨の休日に映画をたっぷり見れるというのは
なんとも贅沢な時間だなぁと満足感るんるん
明日は仕事だとふと思い出すとともに、あれ?日曜日?
なーんて曜日感覚がすっかりずれてしまっていることに気付く..たらーっ(汗)

posted by yottyann at 22:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

返さなきゃ

先週にレンタルしてきた映画を早く帰ってきたので観る。
3作借りてきていたんだけど、すでに2本は観てしまって。
残りの一本を今日見る。

ナビィの恋
 主観的 ★★★★☆

219Y2W1610L._SS500_.jpg

沖縄の離島での物語。
祖母ナビィが60年前の恋をずっと思い続けるという。
そして60年後、想う人と再び出会い...
孫娘と島にやってきた若者との出会いも交えながら。
えっ!?って驚くような展開もあるがファンタジー的に
受け止めるとそれほど不思議な感じもしない。
個人的には、祖父がなんともいい。
最初セリフまわしが下手な感じを受けたけど
だんだんそれが、すごく素朴でやさしく感じられる。
それに、言葉少なにナビィを見送るところは感極まる。

ところどころに流れる、沖縄民謡がいい。
(沖縄民謡実は昔から好きだったり...)
実は、西田尚美の隠れ?ファンだったりもする。


 <主観的評価>
 総合    ★★★★☆
 あたたかい ★★★★☆
 かなしい  ★★☆☆☆
 ほのぼの  ★★★★☆

観終わったあと、ほのぼのとして沖縄っていいなぁって
素直に思えた。文化の違いを実感できる。
蛇味線の音と歌声は、なんか心和まされるのはなぜ?


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
よかったらクリックして下さい(^^v


posted by yottyann at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

硫黄島からの手紙

昨日、観た映画。

硫黄島からの手紙
 主観的 ★★★☆☆

1001032_01.jpeg

戦争映画。
クリント・イーストウッドが日米双方の視点から
“硫黄島の戦い”を描いたという映画。
例のごとくストーリーは省くとして、戦争映画だけに
今から思えば理不尽な現実を目の当たりにする。
2時間以上という時間をそれほど長くは感じさせない。
陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立ったところから始まる。
この映画、歴史(硫黄島での戦い時の戦局)を知っていると
もっと入っていけると思う。

渡辺謙の演技も光る。
最初は頼りない感があったが二宮和也も実力を見せる。
ただ今風が抜けきれていない。(これは主観的!?)
爆撃機からの攻撃、着弾シーンも臨場感あるし
自決シーンでの切迫感というのも感じる。

あまり音楽は流れてはこないが、冒頭から流れる音楽は
とてもいいと思う。なんだかせつない感じがする。

ただ、残念に思うのは、テーマがあやふやな感じ。
淡々と歴史を振り返るのか、戦争による悲哀を前面に出すのか。
と巨匠イーストウッドに言ってみる。(あくまで主観的)


 <主観的評価>
 総合    ★★★☆☆
 あたたかい ★★★☆☆
 かなしい  ★★★★☆
 迫力    ★★★★☆

しかし、戦争映画をみると思う。
戦争は狂気な部分がたぶんにあると。
自分は、映画をみて思うだけだが、
歴史の中で現実としてあったこと、
今地球上で行われていること、
を考えるとなんとも悲しく想像を絶する。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
よかったらクリックして下さい(^^v


硫黄島について少し引用してみる。

硫黄島はどこに?...
本州、グアム島、南鳥島、沖縄本島から、
それぞれ1,200km〜1,300km程度の等距離に位置する。
Iwo_jima_location_map.png

硫黄島の歴史は...


続きを読む
posted by yottyann at 01:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

フラガール

今日はいつもよりだいぶ早くに会社を出て帰宅。
先日友人から借りた映画を見ることに。

フラガール
 主観的 ★★★★☆

sub_img01.jpeg

結構、おもしろい。ところどころに泣きも入り。
なによりこの映画の見所は、主人公(蒼井優)のフラダンス。
全員が舞台で踊り、ソロで踊り...
これが映像の表現力かそれとも練習のたまものか!
うまいのである。(もちろん、しろうと目ですが)
なんか暖かくなる、うるうるとしてしまう、そんな映画。
もう一人の主人公のフラダンス先生(松雪泰子)も
良くありがちだが、人間性が変わっていく様も共感を誘う。
個人的には主人公の兄(豊川悦司)がいい味。


 <主観的評価>
 総合    ★★★★☆
 おもしろい ★★★☆☆
 なかせる  ★★★★☆
 あたたかい ★★★★★

最近、邦画もおもしろい。
この歳になってくると恋愛ものよりこういった映画がいいかな。

人気blogランキングBLOGGER!ブログ検索
よかったらクリックして下さい(^^v
posted by yottyann at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。